一生オンナでいいじゃない
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆女の子のためのアダルトショップ◆◇LOVE*TIME◇◆

☆シャディのお歳暮30%~10%OFF
  [スポンサー広告]
視姦


先週も彼は
可能な限り私を誘い出してくれた
嬉しさ半分 心配半分・・・かな




確かに最近の彼は
ちょっと余裕のタイムスケジュール
だけどやっぱり 彼女としてはね
お仕事を疎かにして欲しくなかったりするわけで

そのくせ 逢えない日が続くと
寂しくて凹むんだけど・・・(汗


    だから 嬉しさと心配が半分こ



なので先週も計3回の愛瀬
今 こうして楽しく彼と過ごしているけど
来月から忙しくなる仕事
きっとデートも激減するだろうな
逢えても短時間だったりするんだろうな


そんな話をしながら彼との戯れ
今回はちょっと違った


ベット以外では私はクンニを拒む事が多い
彼は懇願するけど つい拒んでしまう

時々 私の制止を振り切って
太腿の間に顔を埋めてしまう彼だけど
今回は そのパターンだった

「お願い 舐めさせて」
「・・・・・・・・ダメ」
「・・・・・・・」

ちょっと強引に太腿に割って入る彼
「ダメ」と言いながらも強く拒めない自分


     そぅ  強引に弱いのです


足の間で彼の頭がかすかに揺れる
その髪に指を絡め 欲望のままに快楽を求める

一頻り私の秘部を舐め回した後
彼の唇が離れ指だけが秘部に残された

無言で彼は私の足の間に顔を近づけ
マジマジと秘部を眺め観察している

「・・・あかん」
「ん?見せて」
「・・・ダメ」
「なんで?」
「そんなマジマジと視ちゃ恥ずかしい」
「キレイだよ?」
「・・・ばかっ」
「ホントやで?」
「グロすぎるもん」
「そんな事ないよ?」

そんな会話を時々交わしながら
彼はかなり長い時間私の秘部を観察し続けた

時に指で広げて視たり
クリトリスを剥いて視たり
指を差し入れて視たり
時に舌を這わせたり


      こんなに 観察されたの初めて


「視られてる 観察されている」
そう思うと何とも言えない羞恥心が襲う
そしてその羞恥心が 私を益々昂らせていく


「杏子・・・すごいよ
   ヒクヒクしながらヨダレ垂らしてる」

「・・・・・・・・・・・・」

彼の言葉で一気に顔が火照っていく

「もぅダメ・・・」
「ん?」
「・・・お願い」
「なにが?」
「・・・・・・入れて」

「・・・・・・・・・・」

彼は無言で指を身体の奥底まで突き立てた

「・・・・・んあぁッ ち、ちがうのにぃ」


グチュグチュと淫靡な音が耳を刺激する

「杏子?聞こえる?エッチな音やね」
「・・・・・・うん。エッチ過ぎ」


彼の***を欲している身体が
指によって掻き乱されて 一気に高揚していき
やっと***が私の中に入る頃には
すでに私は堕ちる寸前だった


彼に 秘部を眺め観察されただけで
彼に身体と脳内まで犯された気分



      これが 視姦 ??






スポンサーサイト
☆女の子のためのアダルトショップ◆◇LOVE*TIME◇◆

☆シャディのお歳暮30%~10%OFF

Thema:*不倫 de 純愛* - genre:恋愛

  c:0   t:0   [戯れ]












管理者にだけ表示を許可する

http://kyouko.blog6.fc2.com/tb.php/117-2b28eeec
ギャラリー| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。