一生オンナでいいじゃない
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆女の子のためのアダルトショップ◆◇LOVE*TIME◇◆

☆シャディのお歳暮30%~10%OFF
  [スポンサー広告]
エス



     パネルの前でしばし考える2人
     今日はタイミング悪く 空室は2部屋のみ


しかも スタンダートなお部屋は全て埋まっていて
空いているのは 最高ランクのSと最低ランクのC

Cランクのお部屋はシャワーのみのお部屋
そこは以前利用した事があって
それなりに楽しめたお部屋だった

「どうする?ココ(C)にする?
        それとも 他行く?」


私は Sのお部屋をチョイスする頭は持っていなかった
だって・・・平日休憩で9000円のお部屋ですよ?
連れて行ってもらう立場からして そんな贅沢はいけません


すると彼 
「ココ(S)にしよっ!」と
迷わずSランクのお部屋のボタンを押した

「え?!Sだよ?S!」
「・・・そうだよ?」
「ほんとに?」
「たまにはいいでしょ?」


そう言って私の手を引いて
エレベーターへ歩き出した

「え~♪ほんとに?ほんとに~~?」

私は思いもよらない事態に
エレベーターの中ではしゃいだ


だって いつもあのパネルの中で
神々しく光るSランクのお部屋
いつかは利用してみたいと思いつつ
まず利用する事はないだろうと思っていた
まさしく憧れのお部屋だったんだから
はしゃがずには居られないでしょう


部屋のドアを開けると
目の中に飛び込んできた光景は
いつもの部屋の雰囲気とは別格だった

部屋には白いカーテンが掛けられたゴージャスなベット
大きな窓の向こうには 青空の下に広いバルコニーがあり
ジャグジー風呂と 泳げないけどプールがあった
もちろん 他の部屋からは見えないようになっている

アチコチにライティングが施されていて
夜はもっとステキな光景になるんだろうと言うのが
一目瞭然だった

そして冷蔵庫の中には
サービスでシャンパンが用意されていた

「・・・すごいね」
「うん♪すごい」
「何か記念日とかに来た方がよかった?」
「うぅん♪ 何もない日にあえて来る方がステキ!」


          e.jpg




「せっかくやから
   寒いけどお外のジャグジーにも入ろうね♪」
「うん♪うん♪」


そして彼は室内のバスタブにお湯を張り
私は外のジャグジーに少し熱めのお湯を張った


           
          d.jpg



今日の2人にはゆっくり時間がある
たくさん笑って たくさんお話して
そして たくさん愛し合おう

ゆっくり2つのお風呂を楽しんだ後
火照った身体に冷えたシャンパンを流し込むと
一気に身体の奥底から熱が帯びるのが分る

そのまま 彼とベットの中に潜り込むと
無我夢中でお互いを貪りあった

いつもは私が主導権を握り
彼を攻め尽くすのに今回は 違った
私には一切自由を与えられることはなく
彼の思うがままされるがまま 攻め続けられていった








                           ・・・つづく




          


スポンサーサイト
☆女の子のためのアダルトショップ◆◇LOVE*TIME◇◆

☆シャディのお歳暮30%~10%OFF

Thema:*不倫 de 純愛* - genre:恋愛

  c:0   t:0   [戯れ]












管理者にだけ表示を許可する

http://kyouko.blog6.fc2.com/tb.php/128-dab00a8c
エス vol.2| HOME | 勝敗
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。