一生オンナでいいじゃない
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆女の子のためのアダルトショップ◆◇LOVE*TIME◇◆

☆シャディのお歳暮30%~10%OFF
  [スポンサー広告]
ジシン




    とうとう手にしてしまった
    興味はあったけど
    未だ未経験だったモノ







      オトナ ノ オモチャ



「もし使う時が来るとしたら
     それは僕がダメになった時かな」


いつだったか 彼はそう言った

私のブログを読破されている方なら
ご存知でしょう
2人が付き合いだした当初


       彼は不能に陥っていた


それがいつからだったのか?
それは定かではない
だけど私と出逢う前から

まだ少なからずとも
配偶者を抱いていた頃
その事態は起こりつつあった

どうしてそうなったのか
何がそうさせたのか
彼にもわからない

何度と無く繰り返された配偶者の浮気
その度に彼は許し苦悩し続けた

オンナと言う生き物に絶望した?
オンナと言う生き物が信じられなくなった?

そして 今度は自分自身が
配偶者以外のオンナと関係を持とうとしている
今まで自分を苦しめてきた“不貞”
その事実に自分も手を染めようとしている
その事に激しく嫌悪した?


「杏子を愛している
   杏子をこの腕の中で
      男として抱きたい」


そう願う気持ちと反比例する身体の狭間で
彼は何度となく凹んだ

「もぅ このままダメかも知れない」

そんな弱気な言葉を吐く度に
「絶対そうはさせない!」と私は断言したっけ


当時 彼の身に起こった災難は
私がキッカケを作ってしまったと思い込んでいた
彼にとって初めての不貞
生真面目な彼の性格が不能にさせてしまったと

もし私との恋愛にピリオドが打たれ
新しい恋が始まったとしたら
これがトラウマとなって
彼を苦しめ続けるだろう

私が原因で彼を不能にさせたまま
次の恋愛にバトンを渡すなんて
オンナとしてプライドが許さなかった

もちろん これは当時の気持ち
今は 誰にもバトンを渡す気なんてありませんが(笑


2人で苦悩し続けた数ヶ月
1歩進んで2歩下がり
3歩進んで1歩下がり
そんな状態を繰り返して
徐々に彼の機能も回復の兆しを見せはじめた


彼曰く 懐かしのリハビリ生活だそうな



男としての自信を取り戻した彼は
いろんなセックスを私と楽しみたいと願っている
だけど オモチャだけは見て見ぬ振りだった


「オモチャに満足して
    もぅ僕は要らないって言われたらイヤやもん」




          それが彼の言い分



あれから3年
先月私はネットでラブローションを購入し
彼とベットの上でたっぷり使って楽しんだ

そして彼
「今度は僕が買うからね♪」
「うん♪」
「・・・・オモチャと一緒に」
「・・・・・・?!」


どうやら ア○ル用を購入して
2人で楽しもうと企んでいるらしい

そして数日後
「どれにしよ~~~」とメールが届いた
ネットで物色している内に
アレもコレも気になって決断しかねているご様子

「杏子はどんなのがいい?」
「太さは?」
「バイブがいい?」



     って聞かれても・・・・経験ないしなぁ




「ん~~~ 私も半分持ってあげるから(支払い)
   ど~しても捨てきれないヤツは 買い物カゴに入れちゃえ!」


「・・・ん 分った」




        一体 幾つカゴに入れたんだろう




「今度逢う時に使えるかなぁ~」
まるで遠足を心待ちにしている子供のような彼

「うん♪おまけに“生”のチャンスやし♪」と私
「うわぁ~スペシャルやなぁ!!」
「もぅ大暴れしちゃうね(笑」
「うん! 杏子専用のもあるし♪」
「・・・・専用?」
「うん 杏子専用のバイブも買っちゃった」
「・・・・・・・・・・!!!」



意外だった
私はてっきりア○ル用だけだと思っていた
バイブに嫉妬していた彼自らが
私専用のバイブを選び購入しただなんて


彼の“男としての自信”は
3年前と比べて
確実にしっかりと根付いた証拠なのだろう



そして先日
2人はベットの上で
無機質な音と艶かしい音が響く中
淫らに戯れすべてを解き放った







スポンサーサイト
☆女の子のためのアダルトショップ◆◇LOVE*TIME◇◆

☆シャディのお歳暮30%~10%OFF

Thema:*不倫 de 純愛* - genre:恋愛

  c:0   t:0   [二人]












管理者にだけ表示を許可する

http://kyouko.blog6.fc2.com/tb.php/168-ab932c34
フルーティーズバー| HOME | まゆたま
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。