一生オンナでいいじゃない
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆女の子のためのアダルトショップ◆◇LOVE*TIME◇◆

☆シャディのお歳暮30%~10%OFF
  [スポンサー広告]
一夜の夢




       彼と過ごす真夏の夜

           今年で何回目になるだろう









私の育った街に今年も彼がやって来た


彼と過ごす真夏の一夜




ホテルの一室
このホテル 私が昔
何度か他の男性と利用した事があったっけ


当時はとても清潔感のあるホテルだったけど
やはり年月が経つと 手を加えられないホテルは
あっという間にくたびれてしまうものね



最近 彼は私の秘部を舐める事に執着している
以前私が彼の***を咥えしゃぶる事に執着していたように


一頻り彼に愛撫され 何度か大きな波を感じた後
やっと私の秘部が彼の***を飲み込んだ

対面座位になった時に
彼の指が私のアナルを撫でた

そう これも最近彼が良くする愛撫だ


「・・・・だめ」
「・・・だって・・・・吸い込まれるんだよ」
「・・・・いや」
「・・・・・・・・・・」

彼は私の表情を眺めながら
ジワジワと指先をアナルの奥へと進めていく



「んあぁ・・・」
「杏子・・・」
「だめ・・・・あぁ・・・・」


何とも言えない感覚が私を襲う
このままアナルで指の感触を味わい続けて居たいと言う気持ちと
恥しいと言う気持ちが 頭の中で混乱し始める


「もぉ・・・ホントだめ・・・」


彼はそっと笑うとそのまま指を引き抜き
そして秘部に押し込まれた***も引き抜いた



「??」



彼は無言で四つん這いになるよう指示を出し
言われるがままに私は彼にお尻を突き出した


そしてさっきまで秘部を掻き乱していた***を
そっとアナルにあてがい ジワジワと押し入ろうとしている



「・・・・あぁ・・・・・」



***の先端から少しずつ徐々に根元まで
アナルが飲み込んで行く



アナルセックスの場合
ある程度アナル周辺の筋肉を解してから
挿入すると比較的スムーズにいくと言う

しかし 今回 ちょっと強引に押し込まれた***
少し痛みを伴いながら事が進んでいく


でも その痛みすら 快楽になってしまう


レイプされるような感覚
苛められている感覚
気持ちを益々高揚させていく


枕に顔を押し付け
痛みに耐えながら快楽を貪り
涙を流し すがる様に喘ぐ女に
彼は興奮を覚え始めているようだった



私の耳元で私の名前を囁き
私は彼の名前を呼び続ける



      彼とだから 出来るアブなセックス



彼は私のアナルの中で力を失い
そのまま背中の上でぐったりうな垂れる事 数秒
そっと引き抜かれた***の感覚に
再び私は声を漏らす




「大丈夫?」
「・・・うん・・・しばらく動けない」

身体と思考が別々の所にあるような感覚


彼は私の頭をポンポンと撫でて
脱力したまま横たわった私の身体に
そっとシーツを掛けて優しいキス


「・・・しあわせ」


素直に彼の腕の中でそう言葉にした私





     この数時間後に
 

        再び 新たな事が起こるとも知らずに





                         


                      ・・・つづく



スポンサーサイト
☆女の子のためのアダルトショップ◆◇LOVE*TIME◇◆

☆シャディのお歳暮30%~10%OFF

Thema:*不倫 de 純愛* - genre:恋愛

  [二人]
一夜の夢 vol.2| HOME | 出番
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。