一生オンナでいいじゃない
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆女の子のためのアダルトショップ◆◇LOVE*TIME◇◆

☆シャディのお歳暮30%~10%OFF
  [スポンサー広告]
sala del ray

再びラブホのお話で恐縮ですが
先日 ちょっと足を伸ばして
ラブホツアーして来ました

数ヶ月前から時々目にしていた
建築中のラブホテル
ホテル街の表立った所で
敷地をふんだんに使い
建築中にも関わらず

    こりゃ 豪華なホテルになるなぁ


そう思って遠巻きに観察しておりましたです ハイ

一般的にラブホテルと言う建造物が
どれ位の期間で完成するのかは知りませんが
このラブホテル かなりの月日を費やしておりました


彼も去年の秋だったか
「あのホテル完成したら行こうね♪」
そんな事を言ってたっけ

そして4月24日にオープンしたと
風の便りを聞きつけた


あるラブホ情報サイトの掲示板では
「あそこのラブホそろそろオープン?」
「まだみたいよ」
「部屋の内装工事も終わってるみたい」
「そろそろかな」
「24日オープンらしいよ」
「23日の夜は無理なのかなぁ」
「24日 行ってきたよ~」
ホテルのオープンを待ちわびる人達が
今か今かと情報のやり取りをしていた所を見ると


    かなり期待されたホテルのよう


「ね?あそこのホテル完成したでしょ?」
私は彼にメールでそう尋ねた
「うん。そう言えばオープンしてた!
       杏子?よく知ってるねぇ?」

そう 彼は週に何度かはその近辺を通る
しかし私は滅多に通る事がないのに
オープンした事を知っているのが不思議だったようだ

「ん?ネットで情報見つけたの♪」
「ちゃんと履歴消さなあかんで?」
「アハハ うん」

「でね?今度連れ込んじゃっていい?
  連れ込むって言ってもあなたに連れて行って貰わないと
             連れ込めないんだけどね・・・」
「連れてく!連れてく~!!」


ちょっとした副収入があった私は
そのオープンしたばかりのホテルに
彼を連れ込むことを決めた


      実は“出来立てホヤホヤ”初めて


今やラブホはリゾートホテルだね うん
一昔前のような 
淫靡な雰囲気とか怪しげな佇まいなんて何処?

広い駐車場に広いエントランス
でっかい自動ドアを潜れば
度肝を抜くだだっ広いロビーに自然光が降り注ぐ

正面のどでかいルームパネルさえなければ
ホント リッチなリゾートホテルそのもの

「ようこそいらっしゃいませ♪」
必要以上に大きな音で案内アナウンスの声が
堂々と流れる

この“堂々”の数々が
「これから2人であんな事して
     こんな事して・・・淫らな秘め事をします」
そんな思考を麻痺させ
「これから2人でゆっくりくつろぎます♪」に
自動的に変換されるような感覚に陥っちゃう

たまたまニアミスで他のカップルと出くわしても
堂々としてしまうから不思議

きっと薄暗くて淫靡な雰囲気たっぷりだったら?
きっと コソコソ下を向いて手短に部屋をチョイスし
足早に立ち去る事に専念するだろうなぁ


   多少 淫靡さも 欲しい気もするけど


しかし“高級感溢れる”に値する料金設定
もちろんそれも“想定内”でしたが←むやみに使いたがるバカ

平日サービスタイムの利用なら
2時間料金で3時間利用
3時間料金で5時間利用できる設定らしい

そのホテルは
基本料金4930円~26250円/3h

平均7000円~8000円/3hが大半
といった所でしょうかね

確かこのホテルに隣接するホテルは
3000円/3hってデカデカとアピールしてたっけか

彼 出来るだけ
リーズナブルな部屋を選ぼうとしてるし・・・

「かまへんよ。せっかく来たんやもん
           いい部屋にしようよ♪」


   さすがに2万円代は無理だけどさ アハハ


駐車場からデカイ・広いのオンパレードだったけど
エレベーターも広ければフロアーや廊下までもが・・・
おまけに絨毯やシャンデリア 調度品まで凝ったものだし

そう言えばこのホテルの謳い文句


     「王様の部屋」だったっけ
           
          なるほどね


部屋に入ると自動的にテレビにスイッチが入り
アニメーションのメイドの何とかと名乗る女性が
これまた必要以上に大きな声で何やらホテルの説明をしだし
一通り説明し終わると

「それでは ごゆっくりおくつろぎ下さいませ♪」

そう言って姿を消した


やっと落ち着いて部屋を見渡すと
さすがに広い その一言に尽きた
ベットもおそらくダブルではなくキング
羽毛布団もマットも
ソファーも当たり前だけど新品でフカフカ

お風呂も デカッ
2人が両サイドにもたれると
両手を伸ばしても届きやしない広さ
そしてスチームサウナが設置してあった

どれもこれも新しく
部屋全体が“新しい匂い”に包まれていた

あと1つ驚いたことが
サービスを利用してランチを取った
今まで利用してきたホテルでは
廊下側から小窓が開いて
顔を合わせずに注文した物を受け取れるシステムだった

おそらくそれが大半じゃないかと
しかしそこは違った
何処を探してもそれらしい小窓は見当たらない

「どうやって持ってくるのかなぁ?」

そしてピンポ~ン♪と軽快なチャイムが鳴った
鳴ったけどどうやって受け取るんだ??

「お待たせしました」

廊下から声が聞こえる
彼が恐る恐る部屋のドアを少し開けると
「失礼します」
そう言って廊下側から大きくドアが開けられた
と 同時にメイドの格好をした(ちょっと無理がある)
女性がおもむろにワゴンを部屋へ押し入れて来た


          え?


そう ここではメイドの格好をしたスタッフが
注文の品をワゴンに乗せて
玄関まで入ってくるシステムだったのだ


       もろ対面式っすか


彼は玄関先で私は部屋と玄関を区切るドアの手前で
無言で立ち尽くし事の始終を見守り
彼女が「それでは失礼します」と一礼して立ち去ると
玄関先に取り残されたワゴンと
お互いの顔を見合わせ

     「何?今の・・・」と唖然とした


そして
「バスローブ着てて良かったぁ」と彼が一言

確かにそうだ
まさか入ってくるなんて思ってなかったし
下手すればフリチンで行っていたかも?だしね
ついでに私も・・・アハハ

メイドさんは伏し目がちで全ての作業を行っていた
ハイ 私 遠巻きながらしっかりチェックしてました

そりゃジロジロ詮索するような目線をしちゃ
ホテルの信用は一気に失いますものね
そこん所は一応弁えているのかも知れないけど

一瞬 玄関に立ち尽くす彼の顔を
メイドさんがチラリと見たのが気にかかった


   やっぱ ラブホで従業員と対面は嫌だなぁ
    
     ここまで“堂々”を貫かなくてもよろしくてよ


この事を除けば 後は満足だったかな
オープン間なしだったからなのか?
それは定かではないけど
ホテル側からのプレゼントとして
一流メーカーの口紅(定価1800円)が
可愛くラッピングされてテーブルの上に置かれていたのには
さすがに喜んじゃいました←物に弱い

部屋の何処にも汚れがなく傷もなく
全てが新品でフカフカで
思う存分彼に甘え甘えられ 愛し愛され
ちょっとゴージャスな気分での戯れ


      出来立てホヤホヤのラブホ
                体験ツアー




スポンサーサイト
☆女の子のためのアダルトショップ◆◇LOVE*TIME◇◆

☆シャディのお歳暮30%~10%OFF
  c:2   t:0   [雑記]
初めまして。こんにちは、質問させてください。このサイトをラブホのツアーの検索で見つけたのですが、噂で本当にラブホのツアーがあると聞いたのですが、詳細をしりたいのですが、もし何か教えていただければ嬉しいです><
by: ayumi | 2005.11.12 02:51 | URL | edit
ayumiさん こんにちはです♪
ようこそいらっしゃいました☆
お返事が遅くなってしまってごめんなさい

えっと・・・私が言った「ラブホツアー」と言うのは
近場や行き付けのラブホではなくって
デートの目的地をちょっと遠い「気になるラブホ」に定めて
わざわざ出向いてそのラブホでゆっくり過ごす事だったんです(汗
なので逆にそう言う「ツアー」があると言う噂があるなら
私も気になる気になる気になる~!です(笑

ホント リーズナブルで目的重視なホテルから
異国を思わせるような非現実的なホテルまで
多種多様な世界ですよね
ayumiさんも 彼氏さんとラブラブな世界を
どうぞ満喫してくださいね♪

あまりお役に立てなくてごめんなさい(汗


by: 杏子 | 2005.11.14 19:18 | URL | edit












管理者にだけ表示を許可する

http://kyouko.blog6.fc2.com/tb.php/30-1e6eca8d
禁煙| HOME | リ コ ン 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。