一生オンナでいいじゃない
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆女の子のためのアダルトショップ◆◇LOVE*TIME◇◆

☆シャディのお歳暮30%~10%OFF
  [スポンサー広告]
宝探し

 
 今日の仕事分 昨日やっちゃったから
           
      今日は開店休業ってとこかな


ある朝 そんなメールが届いた
彼の仕事には波がある
メールも出来ない程忙しい時期もあれば
こうして時間を持て余す時期もあったりする

「杏子?今日少しだけ逢える?」
「もちろん♪何とか時間作るよ
       多分夕方になっちゃうけど・・・」
「いいよ 適当にやってるから」

それからちょこちょことメールのやり取り
彼はどうやら とある駐車場に留まったまま
時間を潰しているらしい


「ちょっとお昼寝しよ~っと」
「はい♪じゃあ おやすみね」


それからしばらくして
私に時間が出来た

「まだお昼寝中?」

メールで打診をしてみる
が 返信がない
多分 熟睡しているのかも?



      じゃぁ 突撃しちゃおうかな


予想外に私が現れたら 彼どうするかな
困るかな?喜ぶかな?
ちょっと微妙なところ

ドキドキしながら彼の居る駐車場へ向かってみる
そこは立体で探すのが困難だった
でも1フロアごとに回って彼の車を探す


     もしかして 移動した?

         それとも 初めからココには居なかった?


そんな時 彼から返信
「今 起きた」
「薄暗いから良く眠れたんじゃない?」←立体に居るか打診
「そうやね」
「これから移動する予定は?」←移動したか打診
「どこも行く所ないしなぁ」
「そっか」


彼が正直に申告しているのであれば
ココに居るはず

私は捜索を再開し
立体の上階部 
まばらに止められた車の中に
彼の車を見つけた

少し開けられた窓から
携帯片手にくつろいでいる彼の姿が見える

私はそっと彼の車の横に
車を滑り込ませてみると
シートを倒しくつろいでいた彼が
咄嗟に起き上がりこちらを見て驚いている


「こんちは」
そう言って彼の車に乗り込むと
「もぉ!」
「やっと見つけたぁ~
    ココに居ないんじゃないかと焦ったよ」
「よく見つけたね」
「うん♪宝探しみたいでドキドキした」
「もぅ~杏子はぁ」
「来て大丈夫だった?」
「・・・どう言う意味?」
「ん?うぅん♪」

だってやっぱ “突然”って
後ろめたい時は困るっしょ?
一種の賭けみたいなところがあったりするし




    「困るって言うと思う?」
        そんな彼の言葉に少しホッとする自分






スポンサーサイト
☆女の子のためのアダルトショップ◆◇LOVE*TIME◇◆

☆シャディのお歳暮30%~10%OFF

Thema:婚外恋愛 - genre:恋愛

  c:0   t:0   [二人]












管理者にだけ表示を許可する

http://kyouko.blog6.fc2.com/tb.php/77-d45d1f24
スロー| HOME | 連れて・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。